株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トルコリラ円は、上値の重い展開になりそう サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)  1月27日10時43分

皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、トルコリラ円についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、トルコリラ円の動向について、『上値の重い展開になりそうだ』と予想しています。

20日に米国ではバイデン新政権が発足しました。『バイデン大統領は早くもトルコ政府へ圧力をかけてきた。ブリンケン新国務長官は「戦略的な最大な敵はロシアで、そのロシアとタッグを組んでS400を購入などは認められない」とし、トルコへのS400制裁の効果を見極め、さらに制裁が必要か検討すると述べた』と伝えています。

一方、『エルドアン大統領としては米国の対決姿勢は当面続くと観念したようで、欧州との関係改善を模索している』として、『トルコがEU側にどう歩み寄るのか注目される』と述べています。

トルコ中央銀行は21日、金融政策決定会合を開き、主要な政策金利の1週間物レポ金利を年17%で据え置くと決めました。アーバル総裁が就任して以降2会合連続した利上げは打ち止め、市場予想も据え置きでした。『トルコ中銀は声明で「長期的なインフレ率の下降がみられるまで、断固として引き締め策を続ける」と述べた』と説明しています。

インフレ目標に関しては、『アーバル中銀総裁は、2023年までに5.0%に低下させることを目標とし、2021年末は9.4%に低下させる』としています。

しかし、『中銀理事会の決定の後、エルドアン大統領は、高金利には「絶対に反対」と言明し、再び金融政策の決定にエルドアン大統領が介入してくるのではないかと市場に疑念を持たれている』と考察しています。

トルコリラの予想レンジについては、『12.50円~14.500円』としています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の1月26日付「【トルコリラ円今週の予想(1月25日)】」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »