株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

LIFULLが大幅続伸、国内大手証券が投資評価「1」で新規カバレッジを開始  1月27日14時44分

 LIFULL<2120.T>が大幅続伸している。SMBC日興証券が26日付で、投資評価を新規「1」、目標株価750円でカバレッジを開始したことが好材料視されている。

 同社では20年9月期よりHOME’S関連事業の賃貸・売買領域における料金体系を変更し、従来の有料オプション機能を開放、問い合わせ(不動産会社へのユーザー送客)1件あたりの課金料率を引き上げたが、同証券ではこれにより、営業活動の効率化やトラフィック量の増加、質の高いユーザー送客が可能となる、の3つのメリットを享受することができると指摘。20年9月期は特殊要因やコロナ影響により、これらのメリットが発現しなかったが、21年9月期以降は顧客数増加×ARPAの底打ち・上昇の両輪で成果が表れるとしている。売り上げ成長の再加速とともに、市場からのディスカウントが解消し、株価のアップサイドが大きいと見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
マクアケが急落、第1四半期営業利益は48%増も材料出尽くし感
SREHDが一時13%超高と急騰、国内大手証券は新規「1」でカバレッジ開始
<個人投資家の予想> 01月27日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »