株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

栄研化は一時15%高、コロナ検査試薬の販売拡大で今期経常を最高益予想に上方修正  1月28日09時39分

 栄研化学<4549.T>はマドを開けて買われ、前日比14.7%高の2337円まで上値を伸ばしている。27日の取引終了後、21年3月期の連結経常利益が56億7000万円(前期比20.1%増)になりそうだと発表。従来予想の42億円(同11.1%減)から一転して増益を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが好感されている。

 独自技術であるLAMP法を用いた新型コロナウイルス遺伝子検査試薬の販売が伸びることが寄与。新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波に備えて増産体制を整備し、検査試薬の安定供給を実現したという。また、コロナ禍での活動方法の見直しで販売費などの経費が減少することも上振れにつながる。好調な業績を踏まえ、年間配当を従来計画の30円から36円(前期は30円)に増額修正したことも好材料視されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソディック急動意、ニッチトップのNC放電加工機を武器に来期回復加速へ
J・TECがカイ気配スタート、帝人によるTOB価格にサヤ寄せ◇
ダイトーケミが大幅続伸、21年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »