株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

川崎汽が大幅反発、21年3月期の経常利益は前期比6倍と報じられる  1月28日10時08分

 川崎汽船<9107.T>が大幅高で4日ぶりに反発している。28日付の日本経済新聞朝刊で「川崎汽船の2021年3月期通期の連結経常利益は、前期比6倍の450億円前後となりそうだ」と報じられており、これを材料視する買いが向かっている。記事によると、コロナ禍からの景気回復を背景にコンテナ船の輸送量が想定以上に増え、出資するコンテナ船事業会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレスの利益が拡大するという。損益ゼロとしていた11月時点から大幅に上振れる見通しとなり、上方修正期待が高まっているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JAL、ANAは買い優勢、ヘッジファンドのアンワインド効果を反映◇
<注目銘柄>=中本パックス、通期業績に上振れ余地
かっこが一時14%超高と急反騰、20年12月業績予想の増額修正を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »