株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

MARUWAが21年3月期業績及び配当予想を上方修正  1月28日16時36分

 MARUWA<5344.T>がこの日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を365億円から410億円(前期比0.6%減)へ、営業利益を79億円から100億円(同7.0%増)へ、純利益を54億5000万円から66億円(同12.0%増)へ上方修正した。

 新型コロナウイルス感染症や米中貿易摩擦の影響などで世界経済の先行きが不透明な状況だったことから慎重に計画したものの、差別化製品の貢献や従来から進めてきた改善活動などが奏功し売上高・利益を押し上げた。

 また、業績予想の修正に伴い、従来28円を予定していた期末配当を36円に引き上げるとあわせて発表した。年間配当は64円(従来予想56円)となり、前期実績に対しては12円の増配となる予定だ。

 なお、第3四半期累計(20年4~12月)決算は、売上高305億6900万円(前年同期比0.8%減)、営業利益75億7300万円(同13.1%増)、純利益50億7800万円(同24.3%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
イエロハットが21年3月期業績及び配当予想を上方修正
ネットワンが21年3月期業績予想を上方修正
<個人投資家の予想> 01月28日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »