株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 ファナック、かっこ、ジオマテックなど  1月29日07時32分

銘柄名<コード>28日終値⇒前日比
サイバーエージェント<4751> 6820 -690
第1四半期営業減益決算をネガティブ視。

イーブックイニシアティブジャパン<3658> 2504 -265
10-12月期営業益は前四半期比では減益に。

菱洋エレクトロ<8068> 3020 -330
1月末権利落ちの影響で処分売り優勢。

インフォコム<4348> 3020 -230
順調な決算発表だが出尽くし感優勢に。

ブイキューブ<3681> 3085 -295
生保向け営業支援パッケージ提供で前日は上昇も。

小野薬品工業<4528> 3080 -143
三重大病院元教授の供賄容疑などを懸念視か。

野村総合研究所<4307> 3270 -360
通期業績上方修正だが出尽くし感が強まる。

カプコン<9697> 6850 -440
決算発表控えて利食い売りが先行の展開にも。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 1240 -77
米SOX指数の大幅安が影響する。

レノバ<9519> 3975 -180
25日線割り込んで見切り売りが優勢にも。

CKD<6407> 2483 -140
半導体関連売り優勢な流れに押される。

ソフトバンクグループ<9984> 8285 -309
米国株の大幅安を受けて売りが先行。

ファナック<6954> 27520 +280
10-12月期受注高は想定以上に好調。

信越化学工業<4063> 18770 -460
10-12月期業績は市場想定をやや下振れ着地。

ラピーヌ<8143> 430 +80
再編思惑などが波及する展開にも。

カワセコンピュータサプライ<7851> 399 +25
ワクチンラベル関連として人気化が続く。

天昇電気工業<6776> 675 -
アストラゼネカの日本での新型コロナワクチン量産準備を材料視で。

かっこ<4166> 5010 +255
20年12月期予想の上方修正を発表、営業利益は1.16億円から1.38億円に引き上げ。

クエスト<2332> 1405 +132
21年3月期予想を上方修正、営業利益は7.42億円から8.63億円へ、配当も3円増額。

バーチャレクス・ホールディングス<6193> 662+100
21年3月期予想を上方修正、営業利益は0.30億円から1.10億円に引き上げ。

アズーム<3496> 3895 -700
市場の期待高く、ひとまず決算を受けた売りが向かう。

メタップス<6172> 790 -61
27日急伸の反動。

BASE<4477> 10670 -1250
同社などマザーズの主力処は下げが目立つ。

AKIBA<6840> 6990 -940
地合いを受けて連日の急伸に対する利益確定の動きが先行。

ジオマテック<6907> 1013 +358
値幅拡大でもストップ高まで買われる。

大谷工業<5939> 8420 -600
地合い悪い中でも短期資金の関心続く。

日邦産業<9913> 628+100
フリージア・マクロスが1株につき930円でTOB、上場は維持。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »