株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ジェイリース、JCRファーマ、野村総合研究所など  1月30日07時15分

銘柄名<コード>29日終値⇒前日比
有沢製作所<5208> 962 -57
朝高後、地合いの悪化もあり75日線下まで急落。

エニグモ<3665> 1225 +23
地合いは急悪化もすでに安値圏で自律反発狙いの買いが入る。

メンバーズ<2130> 2534 +15
28日に続き25日線付近での下げ渋りをみせる。

オーケーエム<6229> 1960 -95
上場来高値付けた後の利食い売りが継続。

ジェイリース<7187> 761+100
通期営業益上方修正や復配を好感。

JCRファーマ<4552> 3450 +335
第3四半期好決算受け買い戻しも優勢に。

アイティメディア<2148> 2305 +211
業績上方修正・増配を好感の動き。

クラウディアホールディングス<3607> 283 +24
特に材料観測されず低位材料株循環物色の流れ向かう。

大日本住友製薬<4506> 1697 +124
10-12月期は想定上に底堅い決算に。

野村総合研究所<4307> 3535 +265
決算受けた28日の下落には過剰反応との見方にも。

新光電気工業<6967> 2630 +176
10-12月期決算・通期見通しともに市場予想上回る。

ゴールドクレスト<8871> 1802 +99
10-12月期の収益急改善をプラス視。

THEグローバル社<3271> 262 +4
特に材料観測されないがアスコットともに上昇。

野村不動産ホールディングス<3231> 2334 +147
業績上方修正や自社株買いを評価へ。

エスプール<2471> 961 +35
コールセンター関連分野への関心強まる。

富士電機<6504> 4165 +85
10-12月期営業益は大幅増益に転じる。

イビデン<4062> 4860 +60
新光電工の好決算などが刺激にも。

日本特殊陶業<5334> 1942 +60
半導体パッケージ関連が強い動きに。

HOYA<7741> 13395 +445
好決算や株主還元への評価が一段と高まる。

チェンジ<3962> 3655 -55
リバウンドの流れが継続する形に。

太陽誘電<6976> 6140 +60
好決算企業も多く電子部品株には買いが先行。

富士通<6702> 16020 +240
採算改善が進み想定以上の業績上振れへ。

ダブル・スコープ<6619> 1010 -215
28日にかけて一段高の反動で利食い売り集まる。

ペッパーフードサービス<3053> 251 -24
28日の大幅上昇から戻り売り圧力強まる。

北陸電力<9505> 683 -53
今期の大幅減益見通しがネガティブ視される。

新日本理化<4406> 253 -18
25日線割れから処分売りが優勢となる。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »