株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 サイオス、ジオマテック、ラクオリアなど  1月30日07時32分

銘柄名<コード>29日終値⇒前日比
東京電力ホールディングス<9501> 401 -35
連日の株価上昇の反動で利食い売りが集中へ。

キヤノン<7751> 2294.5 -182.0
今期大幅増益見通しも足元で高まった期待値には達せず。

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 800 -77
10-12月期の赤字拡大をネガティブ視も。

モリテックスチール<5986> 417 -34
28日に上げ目立ったが29日は一転して戻り売り優勢。

レノバ<9519> 3710 -265
25日線割れ以降は見切り売りの動きが優勢に。

三菱自動車工業<7211> 237-16
目立った材料ない中で28日に大幅高の反動。

NOK<7240> 1361 -92
上方修正で28日に急伸の反動強まる。

エイベックス<7860> 1275 -65
決算発表接近で高値圏からの利食い売り。

東京エレクトロン<8035> 39810 -2060
想定以上の上方修正にも出尽くし感が先行。

アドバンテスト<6857> 8290 -160
市場予想を上回る水準まで上方修正も出尽くし感優勢に。

アンリツ<6754> 2583 -165
決算サプライズ限定的で出尽くし感が先行。

サイオス<3744> 693+100
通期営業益の上方修正がインパクトに。

ラピーヌ<8143> 510 +80
再編思惑などから人気化が続く。

Jトラスト<8508> 255 +28
事業ポートフォリオの再編などを評価の動き強まる。

カワセコンピュータサプライ<7851> 319 -80
28日は上ヒゲつけ伸び悩みで過熱感。

ツインバード工業<6897> 1962 -192
高値警戒感から利食い売りが優勢に。

中村超硬<6166> 852 +98
京大が同社マイクロリアクターを用いた研究成果を発表したことが刺激材料。

ドリコム<3793> 795 +46
21年3月期の営業利益予想は前期比207.9%増の19.00億円。

アズーム<3496> 3650 -245
決算を受け連日売りが優勢に。

メディアリンクス<6659> 401 -63
第3四半期の営業損失は4.90億円で前年同期(4.72億円)から拡大。

ジオマテック<6907> 1313 +300
引き続き商い活発で一時1313円まで上昇。

ムラキ<7477> 980 +150
第3四半期の営業利益は前年同期比51.8%増の1.56億円、通期計画を超過。

ウェッズ<7551> 497 +17
21年3月期予想を上方修正、営業利益は8.70億円から13.90億円に、配当も2円増額。

ラクオリア<4579> 1292 +124
AK1780ライセンス契約締結による旭化成ファーマからの一時金受領について公表。

リファインバース<6531> 1428 +256
モリトジャパンと協業し開発したリサイクルナイロンが
海外大手スポーツメーカーに採用との一部報道を受けて関心。

Jストリーム<4308> 5470 -820
第3四半期決算を受けて利益確定の動きが優勢。







<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »