株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場に注目すべき3つのポイント~先週末の株価下落受け押し目買い優勢  2月01日12時27分

2月1日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日ぶり反発、先週末の株価下落受け押し目買い優勢
・ドル・円は弱含み、早朝の買い一服後は失速
・値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位がエムスリー<2413>


■日経平均は3日ぶり反発、先週末の株価下落受け押し目買い優勢

日経平均は3日ぶり反発。241.87円高の27905.26円(出来高概算5億8455万株)で前場の取引を終えている。

前週末1月29日の米国株式相場は大幅反落。ダウ平均は620.74ドル安の29982.62ドル、ナスダックは266.46ポイント安の13070.70ポイントで取引を終了した。中国株式相場の下落や一部投機過熱を受けた金融システム安定リスクの上昇が警戒され、寄り付き後大きく下落し、神経質な展開が続き、引けにかけては下げ幅を拡大した。

米国株安を受けた今日の東京株式市場は、寄り付きこそやや売りが先行し、日経平均は小幅安で始まったが、その後はプラス圏で堅調に推移した。米国での投機的な取引による混乱は、米証券取引委員会(SEC)が動き始めていることなどから近いうちに収束するとの見方もあり、また、日経平均が先週末までの2日間で1000円近く下落したことなどを受け、押し目買い優勢の展開となった。

個別では、21年3月期が3度の上方修正で大幅増益予想となったスクロール<8005>がストップ高となり、20年4-12月期の営業利益が前年同期比74.3%増となったZOZO<3092>が一時ストップ高まで買われた。このほか、四半期決算発表銘柄では、SCSK<9719>、アサヒHD<5857>、TOTO<5332>、NEC<6701>、日通<9062>、小糸製<7276>、住友重<6302>、カシオ<6952>、エムスリー<2413>が5%を超す上げとなった。また、決算発表銘柄以外では、ワクチン接種用注射器の増産への動きがRCC中国放送で報じられたJMS<7702>、20年10-12月期の営業損益が35億円前後の黒字だったようだと報じられたコニカミノルタ<4902>が上げた。

一方、四半期決算を発表したTDK<6762>、味の素<2802>、日立建機<6305>、JR東<9020>、村田製<6981>などが4%を超す下げとなった下げた。

セクターでは、ガラス土石製品、非鉄金属、金属製品、倉庫運輸関連、海運業などが値上がり率上位。一方、食料品、石油石炭製品、陸運業、電気・ガス業、空運業などが値下がり率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の65%、対して値下がり銘柄は31%となっている。

株式市場が揺れている。米国での空売り銘柄を巡る取引が株価乱高下の端緒とされているが、背景に、ここまで株高を支えてきた金融財政政策の変化を市場が感じ始めている可能性はないだろうか。もしそうであるならば、問題はより深刻になる。また、金融財政政策と同じく警戒材料となりそうなのが、この問題をきっかけとした株式市場の規制の問題だ。

バイデン氏の米大統領就任からまだ10日余りだが、今回の株価乱高下は市場が新政権に突き付けた最初の難題のようにも思える。すでに市場の関心は空売り銘柄取引問題そのものから、この騒動をきっかけとした規制の問題に移りつつある。バイデン政権がこの問題にどう対応するのか。新政権が今後、株式市場と向き合う姿勢そのものが問われる可能性もあり、新大統領と市場との会話は当面の市場の関心事になりそうだ。

少し脱線するが、お許しいただきたい。バイデン米大統領の短縮形名はジョー・バイデン。ジョーと言えば矢吹丈(ジョー)を思い浮かべる年配の方も少なくないと思う。互いに尊敬するライバル力石徹が「おわった。なにもかも」と呟いた後、帰らぬ人となった原因のひとつはジョーが放ったテンプルへの一撃。今回の株価乱高下と規制の問題を考えている時に頭に浮かんだのは、なぜかこのスポーツ漫画「あしたのジョー」の名場面だ。力石徹が株式市場に、そして矢吹ジョーがジョー・バイデン米大統領に重なってくる。これまで市場にかかわってきて幾度か感じた。力強く見える時の株式市場は実は意外にもろいものだ。力石徹のように。ジョー・バイデン米大統領の最初の一手が株式市場のテンプルへの一撃とならなければ良いが。「おわった。なにもかも」。株式市場が呟く場面は想像したくない。

さて、後場の東京市場で日経平均はもみ合いとなりそうだ。米国株の動向が気になるところだが、ダウ平均先物が朝安の後は概ね底堅い推移となっており、やや安心感となっている。一方、発表がピークを迎えている20年10-12月期決算の内容を見極めたいとする向きが多く、また、上述のように、今後の米国市場の規制などの動きにも注意が必要だとの指摘もあり、方向感が定まりにくい相場展開となりそうだ。なお、今日はローム<6963>、京セラ<6971>、任天堂<7974>などが20年4-12月期決算を発表する予定。
(小山 眞一)


■ドル・円は弱含み、早朝の買い一服後は失速

2月1日午前の東京市場でドル・円は弱含み。早朝のドル買いで104円80銭台に乗せたが、買い一服後は値を下げる展開に。ユーロ・ドルが持ち直したことで、ドル・円に下押し圧力がかかる。ただ、日経平均株価は小幅安でスタートした後はプラスに転じ、円買いは後退している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円61銭から104円81銭、ユーロ・円は126円90銭から127円15銭、ユーロ・ドルは1.2120ドルから1.2133ドル。



■後場のチェック銘柄

・ZOZO<3092>、国際チャート<3956>など、6銘柄がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位がエムスリー<2413>


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・カプラン米ダラス連銀総裁
「第1四半期国内総生産(GDP)はプラス成長を予想」
「2022年の第1四半期には活動正常化を予想」
「米国経済は依然パンデミック下」
「2021年の米国経済は5%成長を予想」
「失業率は4.5%まで低下する可能性」
「見通しはワクチンの安定次第」
「財政支援次第で、成長は見通しを上回る可能性も」

・バイデン米大統領
「財政刺激策は経済を支援へ」


【経済指標】

・米・10-12月期雇用コスト指数:前期比+0.7%(予想:+0.5%、7-9月期:+0.5%)
・米・12月コアPCE価格指数:前年比+1.5%(予想:+1.3%、10月:+1.4%)
・米・12月個人所得:前月比+0.6%(予想:+0.1%、11月:-1.3%←-1.1%)
・米・12月個人消費支出:前月比−0.2%(予想:-0.4%、11月:−0.7%←-0.4%)
・米・1月シカゴ購買部協会景気指数(PMI):63.8(予想:58.5、12月:58.7←59.5)
・米・12月中古住宅販売成約指数:前月比‐0.3%(予想:-0.5%、11月:−2.5%←-2.6)
・米・1月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値:79.0(予想:79.4、速報値:79.2)
・米・1月ミシガン大学1年期待インフレ率確報値:3.0%(速報値:3.0%)
・米・1月ミシガン大学5-10年期待インフレ率確報値:2.7%(速報値:2.7%)
<国内>
特になし

<海外>
特になし



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »