株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり大幅反発、好決算・海外株高が反発期待後押し  2月01日16時04分

日経平均は3日ぶり大幅反発。1月29日の米国市場でNYダウは大幅に反落し、620ドル安となった。ゲーム専門店のゲームストップなどが取引制限の緩和を受けて再度急騰し、金融市場混乱への警戒感が続いた。ただ、日経平均は直近2日で970円あまり下落しており、本日は自律反発に期待した買いも入って14円安からスタートすると、すかさずプラス圏に切り返し。好決算銘柄が積極的に買われたほか、時間外取引のNYダウ先物やアジア株が堅調だったことから、日経平均は上げ幅を広げこの日の高値圏で取引を終えた。

大引けの日経平均は前週末比427.66円高の28091.05円となった。東証1部の売買高は11億4553万株、売買代金は2兆5118億円だった。業種別では、ガラス・土石製品、非鉄金属、金属製品が上昇率上位だった。一方、食料品、石油・石炭製品、陸運業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の61%、対して値下がり銘柄は35%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>が4%を超える上昇で、日経平均を約76円押し上げた。任天堂<7974>は3%超上昇し、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>も堅調。決算発表銘柄ではキーエンス<6861>などが買い優勢となり、エムスリー<
2413>は5%を超える上昇となった。また、NEC<6701>が商いを伴って13%近く上昇し、ZOZO<3092>はストップ高水準で取引を終えた。JVCKW<6632>やSCSK<
9719>、TOTO<5332>も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、トヨタ自<7203>が小幅に下落。村田製<6981>やTDK<6762>は決算発表による材料出尽くし感が広がり、JR東<9020>は業績下方修正が嫌気されて売りがかさんだ。また、アカツキ<3932>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »