株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

グリムスが5日ぶり反発、第3四半期営業利益41%増で通期計画を上回る  2月01日14時03分

 グリムス<3150.T>が大幅高で5日ぶりに反発している。1月29日の取引終了後に発表した第3四半期累計(20年4~12月)連結決算が、売上高128億4500万円(前年同期比9.4%増)、営業利益23億1500万円(同41.2%増)、純利益16億700万円(同41.0%増)と大幅増益となり、通期計画の営業利益を上回って着地したことが好感されている。

 催事販売を活用して住宅用太陽光発電システムや蓄電池を販売するスマートハウスプロジェクト事業の受注は減少したものの、事業者向けに電力基本料金削減コンサルティングや各種省エネ商材を販売するエネルギーコストソリューション事業や、電力の小売を行う小売電気事業の受注は順調に推移した。

 なお、21年3月期通期業績予想は、売上高168億5300万円(前期比8.8%増)、営業利益23億円(同9.2%増)、純利益15億4600万円(同4.3%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
伯東が大幅反発、車載用ICの需要急回復で21年3月期業績予想を上方修正
三社電機は3日続落、需要回復の遅れから21年3月期業績予想を下方修正
<個人投資家の予想> 02月01日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »