株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:エムスリーやアスクルなどに注目  2月02日09時06分

週明け1日の米国市場では、NYダウが229.29ドル高の30211.91、ナスダック総合指数が332.70pt高の13403.40と大幅に上昇し、シカゴ日経225先物は大阪日中比155円高の28295と堅調だった。2日早朝の為替は1ドル=104.90-00円(昨日大引け時は104.66円付近)。本日の東京市場では、米国株高を好感してソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、村田製<6981>、SUMCO<3436>など大型IT株が軒並み値上がりし、円相場の軟化もプラス材料となり、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ファナック<6954>なども買いが予想される。ただ、米長期金利の低下から三菱UFJ<8306>や東京海上<8766>は上値が重そう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたエムスリー<2413>、アスクル<2678>、ZOZO<3092>、信越化<4063>、ゼオン<4205>、アステラス製薬<4503>、第一三共<4568>、TOTO<5332>、大同特殊鋼<5471>、コマツ<6301>、日本電産<6594>、NEC<6701>、パナソニック<6752>、TDK<6762>、キーエンス<6861>、ローム<6963>、村田製<6981>、小糸製作所<7276>、キヤノンマーケティングジャパン<8060>、平和不動産<8803>、トランスコスモス<9715>などに注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »