株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 三井物産、日本郵船、MonotaROなど  2月04日07時15分

銘柄名<コード>3日終値⇒前日比
ダイセル<4202> 868 +49
自動車生産などの需要回復などを受けて通期営業利益を前回予想から27%引き上げ。

三井物産<8031> 1974 +33
鉄鉱石価格の上昇などを背景に当期利益を前回予想から50%引き上げ。

日本郵船<9101> 2650 +140
通期業績予想を大幅上方修正、年間配当金も80円増額の130円に。

日清食品ホールディングス<2897> 8630 -150
10-12月期も2ケタ営業増益も通期計画据え置きで失望感誘ったか。

レシップホールディングス<7213> 703+100
キャッシュレス運賃収受器の独企業採用を引き続き材料視。

EPSホールディングス<4282> 1224 +107
第1四半期の大幅増益決算を好感へ。

フューチャー<4722> 2049 +269
今期の大幅増益観測報道受けて見直し買い。

三菱自動車工業<7211> 275 +28
構造改革効果などで10-12月期の赤字幅は大きく縮小。

チタン工業<4098> 2158 -33
東芝がアップルEV向け電池生産メーカー候補となっていることを材料視継続。

MonotaRO<3064> 6180 +660
期待以上の今期業績見通しを好感。

ジーンズメイト<7448> 305 +34
2日に月次発表、ECモールの売上増など評価か。

フタバ産業<7241> 569 +36
決算評価の動きが継続へ。

TOKYO BASE<3415> 565 +30
昨年12月高値水準更新で買い戻し優勢にも。

ベネフィット・ワン<2412> 3315 +225
決算発表後の売り一巡後は買い優勢の流れ続く。

ニチレイ<2871> 3105 +190
通期業績予想を上方修正している。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387> 847 +46
好地合いなども背景に買い戻しが優勢。

トヨタ紡織<3116> 1889 +89
業績上方修正を引き続き評価。

マネックスグループ<8698> 599 +26
ビットコイン価格上昇などで上値追い優勢。

正興電機製作所<6653> 2172 +103
今期の大幅増益見通しを好感。

日本航空<9201> 2030 +125
第3四半期決算発表後はあく抜け感が優勢にも。

ブイキューブ<3681> 3095 +175
緊急事態宣言延長によるテレワークの市場拡大期待も。

日本ユニシス<8056> 3575 -470
10-12月期営業益は一転2ケタ減益に転じる。

JMS<7702> 1081 -37
連日の株価急伸で過熱警戒感も。

エフ・シー・シー<7296> 1695 -100
10-12月期収益回復もサプライズは限定的。

インソース<6200> 2216 -84
業績上方修正評価の動きにも一巡感で利食い優勢。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »