株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 ファーストリテイリング、ミンカブ、パナソニックなど  2月04日07時32分

銘柄名<コード>3日終値⇒前日比
三井ハイテック<6966> 4220 -175
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。

ローム<6963> 11100 -360
業績上方修正で2日に上昇の反動も強まる。

SCREENホールディングス<7735> 8380 -310
半導体製造装置関連株は総じてさえない動きに。

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699> 1743 -106
連日の株価上昇の反動で利食い売りが優勢に。

レーザーテック<6920> 13570 -540
好決算発表後は出尽くし感が優勢の展開。

日本電産<6594> 14065 -415
全般的に株価上昇が続いた主力株に利食い優勢。

日本精工<6471> 1003 -13
業績上方修正だが10-12月期も営業減益に。

JVCケンウッド<6632> 206 -4
連日の株価急伸の反動で利食い圧力強まる。

新光電気工業<6967> 3195 +5
半導体関連軟化のなか高値圏で利食い優勢。

アンリツ<6754> 2527 -75
ここまでの株価高パフォーマンス銘柄で下げ目立つもの多い。

ファーストリテイリング<9983> 92200 +690
1月の既存店売上高もプラス成長が継続。

デンソー<6902> 6601 +250
2日の好決算を評価する動きが優勢に。

パナソニック<6752> 1434.5 +53.0
市場予想を大きく上回る水準にまで上方修正。

野崎印刷紙業<7919> 174 +29
ワクチンラベルを材料に短期資金の関心が続く。

セプテーニHD<4293> 526 +47
第1四半期のNon-GAAP営業利益は倍増、進捗率42.6%。

大塚家具<8186> 231 +50
「ヤマダが郊外で大量出店 5年で150店、1000億円投資」との一部報道で。

ピアズ<7066> 2041 +131
エスプールと業務提携契約、非対面オンライン接客サービスを共同開発。

澤田HD<8699> 761 -16
モンゴルの銀行法改正をきっかけとした売りが続く。

ジオマテック<6907> 1035 -141
直近の急騰に対する利益確定の動き。

ミンカブ<4436> 4225 +700
第3四半期の営業利益は前年同期比78.9%増の3.89億円で着地。

Tホライゾン<6629> 1123 +146
連結子会社が産業用カメラ海外大手と正規代理店契約を締結。

平賀<7863> 1300 +300
思惑的な買いが続き1300円まで急伸。

田中化学研究所<4080> 1295 -173
第3四半期間においては技術支援料の計上はないとの開示で。

バルミューダ<6612> 9100 -70
直近IPO銘柄は全般冴えない動き。







<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »