株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Defiプロジェクト「無担保型ステーブルコイン」【フィスコ・暗号資産コラム】  2月09日16時33分

無担保型(アルゴリズミック)ステーブルコインは、法定通貨や暗号資産などの担保資産を用いずに価格の安定を目指すステーブルコインである。Empty Set Dollar、Dynamic Set Dollar、Basis Cashなどの完全な無担保型と、Frax Financeの部分的無担保型の二つに大別される。

Empty Set DollarとDynamic Set Dollarは、それぞれESDとDSDという単一のステーブルコインを有しており、価格に応じて供給量を柔軟に変化させることで、「1トークン=1ドル」というペッグの実現を目指している。ステーブルコインの価格が1ドルより高い時は、新たにステーブルコインを発行して供給を増加させて価格を下落させる一方、価格が1ドルより低い時は、ステーブルコインを買い戻して焼却することで供給を減少させて価格を上昇させる。ESDの時価総額は94億円であるのに対して、DSDの時価総額は24億円とESDより小さい。

Basis Cashは、BACというステーブルコインの他に、BASとBABというトークンを有しており、後者2つを用いながら、BACの供給量を柔軟に変化させることで価格安定を図っている。BACの価格が1ドルより高い時には新たにBACを発行してBAC価格を下落させる一方、BACの価格が1ドルより低い時には、BABを発行して、BACを買い戻して焼却することで供給を減少させて価格を上昇させる。ESDとDSDでは、新規発行されたトークンを受け取るのはステーブルコインをロックしたユーザーとUniswapでの流動性供給者であったが、Basis Cashの場合にはBAS保有者と流動性供給者である。Basis Cashの時価総額は30億円でDSDと同規模である。

Frax Financeは、法定通貨や暗号資産を部分的に担保とすることで、徐々に無担保型への移行を目指すステーブルコインである。初期は「1USDC=1FRAX」として担保率100%で発行されるが、FRAX価格が1ドルを上回る期間が続くと、担保率は100%から0%に向けて徐々に引き下げられていく。FRAXの発行、償還時には、ガバナンストークンであるFXSの供給量が調整されることで、FRAXの無担保化が行われる。FRAX価格の価格が1ドルより高い状態が続けば、システムの担保率は引き下げられ、FXSが焼却され、希少性が高まることで価格が上昇する。FRAXの時価総額は85億円と、ESDに近い規模を有する。

価格面ではFRAXが一番安定している。FRAX以外のものは1ドルでの安定が実現できておらず、ステーブルコインとは言いづらい。ただ、どのプロジェクトも始まったばかりであり、今後のポテンシャルは未知数でもある。



<RS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »