株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エスプール Research Memo(3):ビジネスソリューション事業と人材ソリューション事業の2事業を展開(2)  2月10日15時13分

■事業概要

(3) 採用支援サービス
2016年にエスプール本体で開始した採用支援サービスでは、外食業界や小売・宅配業界向けを中心にアルバイト・パート等の採用支援サービス「OMUSUBI(オムスビ)」を提供している。2019年12月に同事業をさらに拡大していくため、(株)エスプールリンクを子会社として新設し事業移管している。2017年10月からツナグ・ソリューションズ(現 ツナググループ・ホールディングス<6551>)と業務提携しており、主に求人募集代行業務を(株)ツナグ・ソリューションズが行い、エスプール<2471>がコールセンターによる応募受付代行サービスを担当している。

飲食店などのアルバイト面接などに関わるプロセスを代行し、成果報酬型(面接設定件数×料金)とすることで、顧客企業は従来よりも求人広告費の削減と採用効率の向上が実現可能となる。2020年11月末で顧客企業数は91社、応募受付件数は月平均4.5万件となっており、これを同社のコールセンター5拠点(北海道1拠点、青森県1拠点、宮崎県2拠点、徳島県1拠点)、約100人のオペレーターで対応している。売上高は成果報酬型となり、1件の面接設定で1~1.5千円となる。このため、オペレーター人員が同じであれば面接設定件数が増加した分だけ利益も増えることになる。

(4) セールスサポートサービス
子会社の(株)エスプールセールスサポートで展開するセールスサポートサービスは、クレジットカードや宅配水などの販売促進を商業施設で行う対面型販売促進支援業務や、メーカー担当者に代わって小売店を巡回するマーチャンダイジング業務、各種キャンペーンやプロモーションの運営サポート業務などを行っている。

(5) 環境経営支援サービス
2020年6月に株式取得(出資比率70%)により子会社化したブルードットグリーンの事業となる。カーボン・オフセット支援のためのコンサルティングサービスやCO2排出量算定、各種クレジット(排出権)の仲介サービスなどを展開している。現在、売上高の約9割はクレジットの仲介サービスとなっているが、今後はカーボン・ニュートラルを目指す政府方針によって、ニーズ増大が見込まれるCO2排出削減プログラムの策定などコンサルティングサービスに注力していく方針となっている。人員は子会社化時点で10名弱だったが、直近ではエスプール本体から営業人員を出向させ15名程度に増員している。

(6) 新規事業
新規事業としてエスプール本体で、上場企業等の役員クラス経験者や専門知識を有する有資格者等の人材を、中小企業やベンチャー企業向けに派遣または紹介するプロフェッショナル人材バンクサービスを展開している。

2. 人材ソリューション事業
人材ソリューション事業は、人材アウトソーシングサービスを主力とする子会社の(株)エスプールヒューマンソリューションズで展開している。主にコールセンター業務や携帯電話、家電製品等の店頭販売支援業務の人材派遣サービスを行っている。2020年11月期の売上構成比では、コールセンター業務が約80%、店頭販売支援業務が約14%となり、残りがその他の派遣サービス(主に介護関連スタッフの派遣)となる。

北海道から沖縄まで主要都市に事業所を18拠点開設している。コールセンター業務に関する主要顧客は、ベルシステム24ホールディングス<6183>、りらいあコミュニケーションズ<4708>、トランスコスモス<9715>などが挙げられ、また、店頭販売支援業務ではコネクシオ<9422>やティーガイア<3738>などの大手携帯電話販売代理店、ヤマダホールディングス<9831>やビックカメラ<3048>などの大手家電量販店が主要顧客となっている。

なお、同社グループは2020年11月時点では連結子会社6社で構成されており、エスプール本体は持ち株会社及び新規事業開発の機能を担っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »