株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=大有機、半導体関連人気に乗り上値追い本番  2月16日10時00分

 大阪有機化学工業<4187.T>は半導体関連の一角でここにきて上値指向を強めており継続注目したい。独立系化学メーカーで塗料用樹脂原料のほか電子材料でも高い商品競争力を誇る。電子材料事業は、需給が逼迫する半導体レジスト用で需要を伸ばしているが、特に市場が本格的に立ち上がってきたEUV(極端紫外線)レジスト向け需要に期待が大きい。

 20年11月期はコロナ禍にもかかわらず、営業利益は前の期比21%増と高い伸びを確保した。21年11月期も伸び率こそ鈍化するものの増益トレンドは維持される見込みで会社側計画の45億5000万円(前期比2.4%増)は上振れする公算がある。三菱UFJグループが、純投資や政策投資を目的に共同保有形式で同社株の5%超を取得するなど株式需給面からも株価を刺激している。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
菊池製作は大幅高、日本クラウドキャピタルと資本・業務提携
カヤックがマド開け急伸、eスポーツ分野の成長で21年12月期も最高益継続へ
東エレクが大幅高で最高値接近、世界的な半導体不足で製造装置メーカーに追い風強まる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »