株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:住友林業やヤクルトなどに注目  2月17日09時12分

3連休明け16日の米国市場では、NYダウが64.35ドル高の31522.75の一方、ナスダック総合指数が47.97pt安の14047.50、シカゴ日経225先物が大阪日中比185円安の30415と緩んだ。17日早朝の為替は1ドル=106.00-10円(16日大引け時は105.45円付近)。本日の東京市場では、米長期金利の1.3%乗せを強材料に、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ゆうちょ銀行<7182>、第一生命HD<8750>、東京海上<8766>など大手金融株の軒並み高が予想される。世界的な新型コロナワクチン接種の拡大からJAL<92021>、ANA<9202>も堅調となろう。反面、ファーストリテ<9983>は連騰後の反動安が警戒され、エムスリー<2413>、マネックスグループ<8698>も利益確定売りに押されよう。16日大引け後に前四半期の好業績や今期の業績回復予想などを発表したガンホー<3765>、ブリヂストン<5108>は買いが予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された住友林業<1911>、ヤクルト<2267>、エムスリー<2413>、日本触媒<4114>、ヘリオス<4593>、オプトラン<6235>、パナソニック<6752>、堀場製作所<6856>、太陽誘電<6976>、小糸製作所<7276>、パンパシHD<7532>、前田工繊<7821>、丸紅<8002>、三井物<8031>、菱地所<8802>などに注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »