株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リミックス28%高でマネックスGは12連騰と異彩、ビットコイン関連に資金集中◇  2月17日10時49分

 リミックスポイント<3825.T>が続急騰、一時27.7%高の180円まで駆け上がったほか、マネックスグループ<8698.T>は異色の12連騰を達成、このほかリアルワールド<3691.T>、アステリア<3853.T>、GMOフィナンシャルホールディングス<7177.T>、トレイダーズホールディングス<8704.T>など仮想通貨関連株に位置づけられる銘柄が軒並み値を飛ばしている。全体相場は主力株中心に利益確定の売りに押されているが、直近ビットコイン価格がフシ目の5万ドルを突破したことが、関連株への投機資金流入を加速させる背景となっている。ビットコイン価格の急騰はマネーゲーム的様相を呈してはいるが、最近では米テスラがビットコインを15億ドル購入し決済手段として受け入れる方針を表明するなど、世界的に話題となった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=383円高、外国人買いを誘発し連日の大幅高
八千代工が4日ぶり反発、マルチ・スズキ向け燃料タンクの生産能力を増強と報じられる
ENEOSが大幅反発、市街地の給油所で水素充填サービスを展開と報じられる◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »