株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=56円安、利益確定売り圧力で後場に軟化  2月18日15時43分

 18日の東京株式市場は、寄り後大型株中心に買い優勢に傾く場面があったが、その後は利益確定売りに軟化し、後場はマイナス圏での推移となった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比56円10銭安の3万236円9銭と続落。東証1部の売買高概算は15億7991万株、売買代金概算は2兆8854億5000万円。値上がり銘柄数は406、対して値下がり銘柄数は1713、変わらずは75銘柄だった。

 きょうの東京市場は気迷いムードの強い地合いだった。前日の米国株市場では金融緩和が長期化するとの思惑からNYダウが最高値を更新したものの、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は続落となった。米長期金利の上昇を警戒するムードがあり、東京市場でも利益確定の動きを誘発した。それでも寄り直後は大口の買いが入り、日経平均は一時250円を上回る上昇をみせたが、買いは続かずその後は値を消す展開を余儀なくされた。決算発表の通過で手掛かり材料難となり買い気も盛り上がりを欠いた。鉱業、鉄鋼、非鉄といった景気敏感株が軟調だったほか、半導体関連株に利益確定の売りが目立つ展開に。東証1部全体の78%の銘柄が下落した。売買代金は2兆9000億円弱と高水準が続いている。

 個別では、トヨタ自動車<7203.T>が軟調、ソニー<6758.T>も冴えない。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクも売りに押された。東京エレクトロン<8035.T>、日本電産<6594.T>、村田製作所<6981.T>なども安い。スクロール<8005.T>が値下がり率トップに売り込まれ、マネックスグループ<8698.T>も後場に利食われ急落した。ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>なども大きく値を下げた。

 半面、ファーストリテイリング<9983.T>が売買代金を膨らませ異彩の大幅高で目を引く。日本航空<9201.T> ANAホールディングス<9202.T>など空運株が堅調だったほか、武田薬品工業<4502.T>もしっかり。オリエンタルランド<4661.T>も買いが優勢だった。アドウェイズ<2489.T>、テイクアンドギヴ・ニーズ<4331.T>、マネーパートナーズグループ<8732.T>などが大幅高、ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615.T>も物色人気。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にガンホー
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にマネックスG
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は後場寄りマイナス転換


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »