株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

レイ---大幅続伸、通期赤字予想の発表で悪材料出尽くし感  2月24日09時51分

大幅続伸。未定としていた21年2月期業績予想を発表した。営業損益は7.10億円の赤字予想。第3四半期段階では6.84億円の赤字、前期実績は10.35億円の黒字だった。新型コロナの影響で、主要事業分野であるイベント・展示会・コンサート・舞台等の自粛がなされ、セールスプロモーション・イベント部門、映像機器レンタル部門を中心に影響を受けた。なお、同じく未定としていた期末配当(=年間配当)は前期と同額の5.00円とした。通期赤字予想発表で、市場では悪材料出尽くし感が先行しているようだ。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »