株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=484円安、米ハイテク株安に追随し安値引けで3万円割れ  2月24日15時46分

 24日の東京株式市場は主力輸出株中心に大きく売り優勢の展開。日経平均は安値引けとなり、下げ幅は500円近くに達し3万円台を割り込んだ。

 大引けの日経平均株価は前営業日比484円33銭安の2万9671円70銭と急反落。東証1部の売買高概算は15億7041万株、売買代金概算は3兆4613億3000万円。値上がり銘柄数は605、対して値下がり銘柄数は1523、変わらずは66銘柄だった。

 きょうの東京市場は週初とは打って変わってハイテクセクターが売り叩かれる展開となり、日経平均は大幅に反落した。これまで相場を牽引してきた半導体関連が利食われたほか、電子部品関連やゲーム関連などグロース株が総じて大きく水準を切り下げた。今週に入り米国株市場では長期金利の上昇を嫌気して、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数が調整局面に入り、これに追随する動きを余儀なくされた。同じ時間帯で取引が行われているアジア株市場も香港株などの下げがきつく投資家心理を冷やした。一方、バリュー株は買われる銘柄も散見された。空運や鉄鋼株の一角など景気敏感セクターや不動産株などが堅調に推移した。なお、全体売買代金は3兆4000億円台と大きく膨らみ、1月28日以来約1カ月ぶりの高水準だった。

 個別では、売買代金で群を抜くソフトバンクグループ<9984.T>が大幅安となったほか、任天堂<7974.T>、ソニー<6758.T>なども売られた。東京エレクトロン<8035.T>、レーザーテック<6920.T>など半導体関連も下落。キーエンス<6861.T>の下げも目立つ。ファナック<6954.T>、日本電産<6594.T>などが軟調。マネックスグループ<8698.T>、GMOインターネット<9449.T>は大幅安となったほか、朝高のダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699.T>が後場にストップ安と波乱展開。

 半面、ファーストリテイリング<9983.T>が上昇、日本航空<9201.T>など空運株も買われた。リクルートホールディングス<6098.T>も頑強、三菱商事<8058.T>など商社株が底堅い。アルテック<9972.T>が大幅高、ビジョン<9416.T>、ルネサンス<2378.T>も急伸。エイチ・アイ・エス<9603.T>、日本コンクリート工業<5269.T>なども値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アルテックは一時S高、「QCM-D水酸アパタイトセンサ」の販売開始
ファストリは3000円超の上昇で最高値、株不足状態で踏み上げ商状が続く
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にマネックスG


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »