株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 寿スピリッツ、手間いらず、オープンドアなど  2月25日07時15分

銘柄名<コード>24日終値⇒前日比
オプティム<3694> 2975 -205
グロース株売りの地合いも受けて75日線および200日線を大きく割り込む。

ダブル・スコープ<6619> 749 -43
地合いの悪化も相まって市場予想下回る決算発表後の売り継続で200日線割れ。

寿スピリッツ<2222> 7090 +270
アフターコロナ関連としての物色で地合い悪い中での逆行高。

平田機工<6258> 6670 -610
ハイテク・グロース株売りの地合いに押され窓開け急落で200日線割れ。

手間いらず<2477> 5640 +380
観光関連の一角として見直し買いの動き強まる。

ビジョン<9416> 1075 +86
インバウンド関連にも資金向かう形に。

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699> 3595 -700
値動きの軽さから短期資金の値幅取りの動き継続。

ルネサンス<2378> 1274 +100
緊急事態宣言を首都圏以外で解除前倒し観測が伝わる。

エアトリ<6191> 2151 +156
経済正常化の動きを材料視で旅行関連が人気。

エイチ・アイ・エス<9603> 2551 +198
GOTOトラベルの段階的再開に向け調整とも伝わる。

KNT−CTホールディングス<9726> 1202 +85
旅行関連の代表銘柄の一角として買いが優勢。

アイスタイル<3660> 566 +15
インバウンド関連も上昇で買い戻し優勢に。

日本コンクリート工業<5269> 414 +28
足元での収益急回復を評価する流れに。

エスクリ<2196> 430 +32
いちよし証券ではレーティングを引き上げ。

オープンドア<3926> 2496 +161
旅行関連銘柄が全面高の展開になり。

ぐるなび<2440> 680 +43
経済活動正常化を織り込む動きが優勢。

コシダカホールディングス<2157> 571 +20
アフターコロナ関連として関心が続く形に。

グッドコムアセット<3475> 1474 +64
高水準の販売用不動産の販売を発表。

高島屋<8233> 1104 +52
金融商品販売拡充報道なども期待材料視へ。

日東精工<5957> 674 +7
医療用生体内溶解性高純度マグネシウムの開発成功を引き続き材料視。

三櫻工業<6584> 975 +35
25日線レベルでは下げ止まり押し目買い優勢。

三越伊勢丹ホールディングス<3099> 770 +38
アフターコロナ関連として百貨店株も総じて強い動き。

ソースネクスト<4344> 351 +14
インバウンド関連銘柄にも見直しの動きが強まる。

マネーパートナーズグループ<8732> 307 -26
ビットコイン価格が連日の下落で仮想通貨関連株は軟調。

MonotaRO<3064> 6210 -650
高値圏で利食い売りの動き集中の形に。

GMOインターネット<9449> 3270 -375
仮想通貨関連の一角として売りが波及。

セレス<3696> 3995 -360
ビットコイン価格下落で戻り売りが優勢。

西松屋チェーン<7545> 1430 -112
2月の既存店売上は2カ月連続のマイナスに。

JSR<4185> 3160 -230
半導体関連株安の流れが波及へ。

日本ペイントホールディングス<4612> 8220 -490
戻りの鈍さを嫌気して見切り売り圧力強まる。

丸和運輸機関<9090> 2002 -175
アフターコロナ銘柄への資金シフトで手仕舞い優勢。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »