株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【↓】日経平均 大引け| 急反落、金融相場の先行き不安感で2万9000円割れ (2月26日)  2月26日16時23分


日経平均株価
始値  29753.73
高値  29760.31(09:00)
安値  28966.01(15:00)
大引け 28966.01(前日比 -1202.26 、 -3.99% )

売買高  16億8876万株 (東証1部概算)
売買代金  3兆6212億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比1202円安と急落、2万9000円を割る
 2.25日のNYダウは559ドル安、米長期金利上昇を嫌気
 3.東京市場は株安、債券安で金融相場の先行きに不安感が台頭
 4.SBGやファストリ、ファナックといった値がさ株に売りが膨らむ
 5.村田製や日本電産、太陽誘電などハイテク株の下げきつい

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比559ドル安と5日ぶりに急反落した。米国の景気回復期待が強まるなか米長期金利の上昇が警戒され売りが優勢となった。

 東京市場では、日経平均株価は急反落。下落幅は1200円を超す全面安となり、2万9000円を割り込んだ。

 25日の米株式市場では、NYダウが5日ぶりに急反落。米10年債利回りが一時1.61%と昨年2月以来の水準に上昇し、この金利高が警戒され高PER銘柄のハイテク株などが売られた。米国株安の流れを受けた東京市場も、日経平均は3万円を割り込む大幅安でスタート。特に後場には下げが加速し、終値では今月5日以来となる2万9000円割れに売り込まれた。株安、債券安で金融相場の先行きに不安感が台頭し、33業種全てが下落した。ソフトバンクグループ<9984>やファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>といった値がさ株に加え、半導体関連などのハイテク株も売られた。

 個別銘柄では、任天堂<7974>やソニー<6758>、トヨタ自動車<7203>が安く、SUMCO<3436>やレーザーテック<6920>、アドバンテスト<6857>が売られた。村田製作所<6981>や太陽誘電<6976>、日本電産<6594>といったハイテク株がきつい下げとなった。三井住友フィナンシャルグループ<8316>や三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>など銀行株も値を下げ、住友金属鉱山<5713>や国際石油開発帝石<1605>など非鉄・石油株も軟調だった。
 半面、ロゼッタ<6182>や花王<4452>、エイチ・アイ・エス<9603>が高く、JCRファーマ<4552>やエイチーム<3662>、日本通信<9424>、日本マクドナルドホールディングス<2702>が値を上げた。

 日経平均採用で上昇したのは3銘柄のみで、プラス寄与の上位から花王 <4452> 、出光興産 <5019> 、SB <9434> 。押し上げ効果は合計で約0.4円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、SBG <9984> 、東エレク <8035> 、ファナック <6954> 、アドテスト <6857> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約446円。

 東証33業種のすべての業種が下落。下落率の小さかった上位5業種は(1)鉱業、(2)石油石炭製品、(3)空運業、(4)電気・ガス業、(5)水産・農林業。一方、下落率の大きかった5業種は(1)その他製品、(2)電気機器、(3)パルプ・紙、(4)不動産業、(5)ガラス土石製品。

■個別材料株

△システナ <2317>
 オプティム <3694> がテレワーク支援サービスの販売パートナーに追加。
△ギグワークス <2375> [東証2]
 3月末を基準日に1→3の株式分割へ。
△エイチーム <3662>
 スクエニHD <9684> と「ファイナルファンタジー7 ザ ファストソルジャー」を共同開発。
△キャンバス <4575> [東証M]
 東大との共同研究契約の内容を拡大。
△構造計画 <4748> [JQ]
 21年6月期業績予想を上方修正。
△アジュバン <4929>
 機能性ペプチドによる毛髪成長促進効果を発見。
△報国鉄 <5542> [JQ]
 「最大900度Cでも膨張しない合金を開発」との報道。
△中発条 <5992>
 3月末を基準日として1株を4株に株式分割へ。
△荏原実業 <6328>
 AI制御搭載した蓄電池を発売へ。
△菊水電子 <6912> [JQ]
 今期経常を3.6倍上方修正。

▼インスペック <6656> [東証2]
 今期最終を一転赤字に下方修正、配当は3円を未定に変更。
▼西武HD <9024>
 21年3月期最終損益予想を下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)エイチーム <3662> 、(2)中外炉 <1964> 、(3)アジュバン <4929> 、(4)ビジョン <9416> 、(5)中発条 <5992> 、(6)エンビプロ <5698> 、(7)アイル <3854> 、(8)荏原実業 <6328> 、(9)ヴィアHD <7918> 、(10)広済堂 <7868> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ランド <8918> 、(2)GMOペパボ <3633> 、(3)日東精 <5957> 、(4)ダイヤHD <6699> 、(5)アドウェイズ <2489> 、(6)ラクーンHD <3031> 、(7)アサヒHD <5857> 、(8)キャリアL <6070> 、(9)日産化 <4021> 、(10)アドテスト <6857> 。

【大引け】

 日経平均は前日比1202.26円(3.99%)安の2万8966.01円。TOPIXは前日比61.74(3.21%)安の1864.49。出来高は概算で16億8876万株。東証1部の値上がり銘柄数は172、値下がり銘柄数は1985となった。日経ジャスダック平均は3798.00円(36.05円安)。

[2021年2月26日]


株探ニュース

【関連ニュース】
来週の決算発表予定 積水ハウス、ファーマF、ラクーンHDなど (3月1日~5日)
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反落、ベクター、大阪油化が売られる
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、WACUL、ベガコーポが売られる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »