株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~センチメントは改善傾向にあり、短期的な売り方の買い戻しを誘う流れにも~  3月02日08時32分

2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:センチメントは改善傾向にあり、短期的な売り方の買い戻しを誘う流れにも
■伊藤園、3Q営業利益41.5%減 104億円、進捗率85%
■前場の注目材料:堀場製作所、水素提案を加速、領域拡大、新組織で技術横断


■センチメントは改善傾向にあり、短期的な売り方の買い戻しを誘う流れにも

2日の日本株市場は堅調な相場展開が見込まれる。1日の米国市場ではNYダウが603ドル高だった。製薬会社ジョンソン・エンド・ジョンソン開発ワクチンが当局により緊急使用が許可されワクチン接種ペースが加速するとの期待が強まったほか、1.9兆ドル規模の追加経済対策が速やかに成立する可能性が高まったことなどが材料視され強い値動きとなった。また、米国債相場も落ち着きを取り戻したほか、2月ISM製造業景況指数が予想を上回ると上げ幅を拡大した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比320円高の29900円。円相場は1ドル106円70銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好からギャップスタートとなり、節目の3万円回復を意識した相場展開になりそうである。先週の下落要因とされていた長期金利が落ち着きをみせていることが安心感につながっており、米国では半導体株などの上昇もみられており、指数インパクトの大きい値がさ株への買いに波及しそうである。もっとも、節目の3万円接近では強弱感が対立しやすいほか、ADRの日本株ではソフトバンクG<9984>の上値の重さが目立っており、日経平均の上値の重石になる可能性がありそうだ。

とはいえ、先週の下落部分を埋める動きをみせてくることにより、下へのバイアスが強まるとみていたセンチメントは改善傾向にあり、短期的な売り方の買い戻しを誘う流れにも向かいやすいところである。来週には先物・オプション特別清算指数算出を控えており、ポジションを大きく傾けづらいところであろうが、値動きが出やすいところでもあり急激な動意次第ではヘッジ対応の流れが強まりやすく、インデックスに絡んだ売買に振らされやすい点は注視しておきたいところ。

なお、ナスダックの上昇のほか、VIX指数は23台まで低下していることもあり、個人投資家の売買も活発化しやすいところである。マザーズの中小型株など、特に指数インパクトの大きい時価総額上位銘柄などへは短期的な値幅取り狙いの動きが強まりそうである。


■伊藤園、3Q営業利益41.5%減 104億円、進捗率85%

伊藤園<2593>は第3四半期決算を発表。売上高は前年同期比10.7%減の3386.41億円、営業利益は同41.5%増の104.35億円だった。通期計画に対する営業利益の進捗率は85%となる。自販機の稼働率が例年に比べて低下したほか、営業時間を短縮したタリーズコーヒージャパンも都心部や駅周辺を中心に苦戦した。一方で巣ごもり需要で通信販売によるまとめ買いは堅調だった。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(29663.50、+697.49)
・NYダウは上昇(31535.51、+603.14)
・ナスダック総合指数は上昇(13588.83、+396.48)
・シカゴ日経225先物は上昇(29900、大阪比+320)
・1ドル106円70-80銭
・SOX指数は上昇(3169.11、+101.48)
・VIX指数は低下(23.35、-4.60)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・海外コロナ向けワクチン接種の進展
・世界的金融緩和の長期化


・堀場製作所<6856>水素提案を加速、領域拡大、新組織で技術横断
・三洋化成<4471>全樹脂電池「23年黒字化」、次期社長が会見
・NEC<6701>取締役「半数社外」、ESG進捗、外部人材を変革の触媒に
・蝶理<8014>スミテックスを買収、繊維でシナジー
・日本精工<6471>VWとEPS開発、23年に中国で量産
・クボタ<6326>BCP継続投資、今期、農機工場防災に40億円
・井関農機<6310>欧州に電動化商品、草刈り機など投入
・日鉄ソリューションズ<2327>DX事業で横断組織、製造業開拓
・東レ<3402>PVDF製UF膜開発、ウイルス除去・高透水性を両立
・武田薬<4502>ワクチン実用化へ、新型コロナ感染拡大1年
・住友化学<4005>高分子有機EL発光材拡販、25年度に売上高50億円超


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 1月有効求人倍率(予想:1.06倍、12月:1.06倍)
・08:30 1月失業率(予想:3.0%、12月:2.9%)
・08:50 2月マネタリーベース(1月:前年比+18.9%)

<海外>
・09:30 豪・10-12月期経常収支(予想:+131億豪ドル、7-9月期:+100億豪ドル)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »