株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル106円80銭台、米委員会・半導体で米国優位を維持  3月02日11時25分

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=106円80銭台で推移。米議会の独立委員会は、半導体分野の中国の台頭に対処し、今後数年は米国の優位性を維持できるよう提言を最終報告書で提出するとロイターが報じている。報告書では、中国の調達能力を抑えることが記載されており、半導体製造装置関連銘柄に影響出るとの見方もあるようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が34円安とマイナスに転じている。朝方発表された、10-12月期の法人企業統計で設備投資が市場予想を下回ったことが嫌気されているようだ。また、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>がマイナスに転じたことも相場の重しとなっているもようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »