株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ユーロ128円40銭台、仏でコロナ規制を継続  3月02日13時43分

午後の東京外為市場でユーロ・円は1ユーロ=128円40銭台で推移。フランス保健相は、夜間外出禁止令を含む、新型コロナの感染抑制策は、今後4-6週間は最低限継続する必要があると述べたとロイターが報じている。措置には、飲食店、博物館などが含まれるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が210円安と後場に入り下げ幅を拡大している。朝方発表された、10-12月期の法人企業統計で設備投資が市場予想を下回ったことや、米委員会が半導体製造装置に規制をかけるとの懸念が嫌気されているようだ。また、寄り付き直後に上昇していたファーストリテイリング<9983>がマイナスに転じ2400円安、日経平均に86円のマイナス寄与度となり相場の重しとなっている。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »