株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は反落、海外株安もあり3万円届かず失速  3月02日16時06分

日経平均は反落。1日の米国市場でNYダウは大幅反発し、603ドル高となった。新型コロナウイルスワクチンの普及加速が期待されるとともに、米国債市場の落ち着きや製造業景況感の向上も好感された。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで276円高からスタートすると、寄り付き直後には一時29996.39円(前日比332.89円高)まで上昇。ただ、節目の3万円に届かず失速すると、海外株安が重しとなってマイナス転換した。後場には下げ幅を広げ、29314.82円(同348.68円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比255.33円安の29408.17円となった。東証1部の売買高は12億
9267万株、売買代金は2兆6132億円だった。業種別では、海運業、空運業、鉱業が下落率上位だった。一方、水産・農林業、その他金融業、機械が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の61%、対して値上がり銘柄は34%となった。

個別では、ファーストリテ<9983>が3%近い下落。朝方には取引時間中の上場来高値を更新したが、日経平均の下落とともに弱含んだ。ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>もさえない。前日にLINEとの経営統合を果たしたZHD<4689>だが、材料出尽くし感から5%近い下落。JAL<9201>などの空運株やH.I.S.<9603>などの旅行関連株も下げが目立った。また、第三者割当増資の実施を発表したサンデンHD<6444>はストップ安水準で取引を終えた。一方、キーエンス<6861>、SUMCO<
3436>、武田薬<4502>が堅調。ビットコイン価格の再上昇でマネックスG<8698>などの関連銘柄も買われた。強気の投資判断が観測されたスシローGHD<3563>やローランド<7944>は大きく上昇し、業績上方修正を発表したヒマラヤ<7514>はストップ高水準で取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »