株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

11時の日経平均は85円安の2万9577円、リクルートが9.51円押し下げ  3月02日11時01分

 2日11時現在の日経平均株価は前日比85.89円(-0.29%)安の2万9577.61円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は564、値下がりは1540、変わらずは89と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回っている。

 日経平均マイナス寄与度は9.51円の押し下げでリクルート <6098>がトップ。以下、NTTデータ <9613>が9.18円、中外薬 <4519>が8.32円、京セラ <6971>が6.91円、東エレク <8035>が6.84円と続いている。

 プラス寄与度トップはテルモ <4543>で、日経平均を11.24円押し上げている。次いでネクソン <3659>が6.48円、TDK <6762>が6.48円、ファストリ <9983>が5.40円、SBG <9984>が5.40円と続く。

 業種別では33業種中6業種が値上がり。1位は証券・商品で、以下、その他金融、水産・農林、ガラス・土石と続く。値下がり上位には空運、海運、鉱業が並んでいる。

 ※11時0分12秒時点

株探ニュース

【関連ニュース】
日経平均の下げ幅が100円を超える
日経平均がマイナス転換
10時の日経平均は137円高の2万9800円、ファストリが28.81円押し上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »