株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は52円高、パウエル議長発言や米雇用統計発表を控え様子見ムード  3月03日13時22分

日経平均は52円高(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、オリンパス<7733>、ファーストリテ<9983>などがプラス寄与上位となっており、一方、東エレク<8035>、エムスリー<2413>、信越化<4063>などがマイナス寄与上位となってる。セクターでは、鉄鋼、非鉄金属、海運業、ゴム製品、石油石炭製品が値上がり率上位、電気機器、サービス業、その他製品、その他金融業、機械が値下がり率上位となっている。

日経平均は方向感の定まらない動きとなっている。今週は、明日4日にパウエルFRB議長の討議参加や、5日に2月米雇用統計発表を控えている。これらの内容によっては、米長期金利を動かす手掛かりになる可能性もあることから、市場ではこれらを見極めたいとし、積極的な売買を手控えるムードもあり、やや様子見気分が強くなっているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »