株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、ソフトバンクGが1銘柄で約35円分押し上げ  3月03日12時26分

3日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり166銘柄、値下がり57銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は反発。51.54円高の29459.71円(出来高概算5億9562万株)で前場の取引を終えている。

前日の米国株式市場では、週明けの相場急伸後に伴う利益確定売りが優勢となったほか、中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)の主席が2日、国内の不動産バブルに加えて米欧の金融市場のバブルが弾ける可能性を懸念すると表明したことが市場心理を冷やした。米長期金利には引き続き落ち着きが見られていたが、ハイテク株を中心に弱く、主要株価指数は軟調推移となった。ただ、日経平均は前日中に時間外の米株価指数先物の軟調を横目にすでに下落していたことから、本日は小反発でスタート。その後は手掛かり材料難のなか再び売りに押され、一時は前日比マイナス圏に転じたが、前引けにかけては改めてプラスに転じるなど方向感に欠く展開となった。

個別では、米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の下落を受けて東京エレクトロン<8035>やレーザーテック<6920>といった半導体関連株が売られた。また、キーエンス<6861>やSMC<6273>などのFA関連のほか、任天堂<7974>や日本電産<6594>といったグロース銘柄も総じて軟調だった。一方、為替の円安を好感したホンダ<7267>や日産自<7201>といった自動車関連が堅調。米バイオ製薬モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、週内にも厚生労働省に製造販売承認を申請する方針と伝わった武田<4502>も上昇。また、2月既存店売上高の数値が好感された良品計画<7453>も買われた。

セクターでは、鉄鋼、非鉄金属、海運業、ゴム製品、石油・石炭などが上昇率上位に並んだ。一方、電気機器、その他金融業、その他製品、サービス業、金属製品が下落率上位となった。東証1部の値上がり銘柄は全体の47.5%、対して値下がり銘柄は47.9%となっている。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約35円押し上げた。同2位はNTTデータ<9613>となり、ホンダ<7267>、デンソー<6902>、協和キリン<4151>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>となり1銘柄で日経平均を約28円押し下げた。同2位はファーストリテ<9983>となり、エムスリー<2413>、信越化<4063>、アドバンテスト<6857>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  29459.71(+51.54)

値上がり銘柄数 166(寄与度+186.73)
値下がり銘柄数  57(寄与度-135.19)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     10540          160 +34.57
<9613> NTTデータ        1724           35 +6.30
<7267> ホンダ          3080           86 +6.19
<6902> デンソー         6770          164 +5.91
<4151> 協和キリン       3090          142 +5.11
<6971> 京セラ          7002           67 +4.83
<4503> アステラス薬      1744         26.5 +4.77
<4021> 日産化学         5920          130 +4.68
<9766> コナミHD         7050          120 +4.32
<4502> 武田           3792          116 +4.18
<6367> ダイキン        21385          110 +3.96
<4543> テルモ          4123           26 +3.75
<2502> アサヒ          4723           99 +3.57
<7733> オリンパス       2323           23 +3.31
<4324> 電通G           3860           85 +3.06
<3382> 7&iHD           4178           82 +2.95
<5108> ブリヂストン      4272           81 +2.92
<7951> ヤマハ          5930           70 +2.52
<7272> ヤマハ発         2382           67 +2.41
<8058> 三菱商          3055         61.5 +2.21

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        43350         -780 -28.09
<9983> ファーストリテ   104250         -450 -16.21
<2413> エムスリー       8326         -178 -15.38
<4063> 信越化         17485         -300 -10.80
<6857> アドバンテ       8890         -150 -10.80
<6762> TDK           15390         -230 -8.28
<6954> ファナック       26680         -120 -4.32
<3659> ネクソン         3420          -55 -3.96
<6758> ソニー         11235         -110 -3.96
<6976> 太陽誘電         5300         -100 -3.60
<4519> 中外薬          4624          -33 -3.57
<5332> TOTO           6520         -160 -2.88
<6326> クボタ          2435          -75 -2.70
<2801> キッコーマン      7120          -60 -2.16
<4704> トレンド         5180          -60 -2.16
<6098> リクルートHD      5367          -18 -1.94
<4568> 第一三共         3086          -17 -1.84
<6702> 富士通         15165         -450 -1.62
<8697> JPX          2356          -45 -1.62
<9064> ヤマトHD         2726          -31 -1.12



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »