株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル107円10銭近辺、日経平均下げ拡大、GMが生産休止を再延長  3月04日11時53分

東京外為市場でドル・円は1ドル=107円10銭近辺で推移。米GMが半導体不足の影響で生産を停止している工場の操業再開を延期すると発表したとロイターが報じている。世界的な半導体不足により、各国の自動車会社は生産の影響を受けており、今後もその影響が残る可能性があるようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が554.69円安で午前の取引を終了した。長期金利が再び上昇に転じたことでリスクオフのムードが高まり、東京市場でもリスク資産である株式に売り圧力が強まったようだ。また、グリーンシルの問題が表面化し、指数に寄与度の高いソフトバンクG<9984>が5%を超えて下落し、日経平均に125円のマイナスの寄与度、、ファーストリテイリング<9983>も4%以上の下落となり、同156円のマイナスの寄与ととなっている。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »