株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アルファクス---急落、第三者割当による新株および新株予約権の大量発行で希薄化懸念  3月04日13時06分

急落。第三者割当で新株10万7300株、新株予約権を計6121個(潜在株式数61万2100株)を発行すると発表している。調達資金の約7.6億円は事業運転資金(2.57億円)や飲食店経営管理システム、自動発注システムのサービス拡充に向けたシステム開発費用(2.50億円)などに充てる。新株及び新株予約権行使に伴う株式数は発行済株式数
(251万3800株)の28.62%に達することから、株式価値の希薄化懸念が広がっている。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »