株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(寄り付き)=反落、米ナスダック安受け売り優勢  3月04日09時03分

 4日の東京株式市場は売り先行、寄り付きの日経平均株価は前営業日比360円安の2万9198円と反落。

 前日は日本を含むアジア市場や欧州市場が総じて強い動きをみせていたものの、米国株市場はリスク回避の傾向が強く、NYダウなど主要株指数が揃って下落した。大型の追加経済対策や新型コロナワクチンの普及を背景とした景気回復への期待感と、米長期金利上昇に対する警戒感の綱引きとなっているが、足もとでは下値指向が強まっている。特にハイテク株への売り圧力が強くナスダック総合指数の下げが目立つ状況で、東京市場も足もとではこの影響を受けやすくなっている。きょうのパウエルFRB議長の講演やあすの米雇用統計の結果を見極めたいとの思惑もあり、買い向かう動きは限定的となりそうだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
4日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万9265円(-305円)
4日の株式相場見通し=反落、米ハイテク株安が重荷に
明日の株式相場に向けて=最高峰に臨むソフトバンクG


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »