株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=富士ソフト、ソフト需要増で連続最高益更新へ  3月05日10時00分

 富士ソフト<9749.T>に注目したい。同社は独立系で自動車向け組み込みソフトの開発などに強みを持つ。21年12月期の連結営業利益予想は、前期比2.1%増の163億円と4期連続で最高益更新を見込んでいる。

 リモートワークの普及などに関連するライセンス販売が好調なほか、自動車業界の業況回復などを背景に、良好な事業環境を享受している。今後、自動車の電装化進展やソフト開発のデジタル需要回復が見込まれることもポイント。今月1日から新しいセキュリティー対策支援サービスとしてネットワークセキュリティ監視・分析サービスの提供を開始しており、収益への貢献が期待されている。

 株式需給面では買い残が枯れている状態にあり、直近信用倍率は0.3倍台。株価は2月12日に2001年8月以来約20年ぶりの高値となる6300円をつけたあと、75日移動平均線近辺まで調整しているが、ここは買い場提供とみたい。再び高値奪回から実質青空圏での上値追いに期待が大きい。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
VIX短先物は続急伸、米「恐怖指数」は28.57に上昇
電響社が反発、21年3月期期末配当予想を5円増額へ
エスティックは急伸、21年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »