株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「円安メリット」が14位にランク、米金利上昇で1ドル=108円台に<注目テーマ>  3月08日12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 アンモニア
2 全固体電池
3 半導体
4 水素
5 再生可能エネルギー
6 旅行
7 2020年のIPO
8 人工知能
9 デジタルトランスフォーメーション
10 仮想通貨

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「円安メリット」関連が14位となっている。

 足もとの為替市場で円安基調が強まっている。5日のニューヨーク市場では一時1ドル=108円60銭台までドル高・円安が進行。20年6月以来の円安水準に振れた。今年1月初旬には102円半ばまで円高が進んだだけに、一転して円安基調にあるが、この背景には米長期金利が上昇し日米金利差が拡大していることがある。

 米2月雇用統計は堅調であり、来週予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果次第では一段とドル高・円安が進行するとの観測もある。自動車や電機、機械など輸出企業には円安メリットが大きい。トヨタ自動車<7203.T>は21年3月期の想定為替レートを1ドル=105円としており、為替差益も期待される。自動車では、日産自動車<7201.T>やホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>など、電機でパナソニック<6752.T>や富士通<6702.T>、TDK<6762.T>、カシオ計算機<6952.T>、機械でオークマ<6103.T>や牧野フライス製作所<6135.T>、コマツ<6301.T>など。また、精密のキヤノン<7751.T>やシチズン時計<7762.T>、海運の日本郵船<9101.T>や商船三井<9104.T>などに注目したい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反発、米金利上昇を警戒し終盤上げ幅縮小
トヨタなど自動車株が高い、108円前半の円安基調を好感◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にイグニス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »