株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

高田工は5連騰で1年1カ月ぶりの4ケタ大台復帰目前、PER・PBRとも超割安  3月11日09時23分

 高田工業所<1966.T>が5連騰で960円台まで上値を伸ばし、昨年2月初旬以来約1年1カ月ぶりの4ケタ大台回復が目前に迫った。総合プラントメーカーで、鉄鋼や化学のほかエレクトロニクス分野でも高い技術を有する。半導体関連としての側面も持ち、SiCウエハーやセラミックス基板などを高速・高品質に切断可能な超音波カッティング装置CSXシリーズに評価が高い。PERは依然として5倍、PBRも0.6倍台と指標面からの割安感も際立っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
酉島は5日続伸、21年3月期業績予想の増額修正と増配好感
大ガスが5日続伸、期末配当予想を2円50銭増額へ
カプコンが反発、3月末株主に対し1対2株の株式分割を発表


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »