株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反落、終日狭いレンジ内での推移となりこう着感の強さ意識  3月15日16時19分

 本日のマザーズ指数は反落となった。前週末水準から始まったマザーズ指数だったが、寄り付き直後にマイナスに転じると、その後は1200ptを挟んでの推移に。日経平均同様に後場の寄り付き後には一時弱含む場面も見られたが、結局は終日狭いレンジ内での推移となり、こう着感の強さが意識される展開となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1262.11億円。騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり163銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、QDレーザ<6613>がマザーズ売買代金トップにランクイン。直近IPO銘柄は高安まちまちだったが、QDレーザの他、バルミューダ<6612>、カラダノート<4014>、ココペリ<4167>などが下落。また、BASE<4477>やメルカリ<4385>、フリー<4478>などマザーズの主力処も売られた。その他、sMedio<3913>、HENNGE<4475>、JIG-SAW<3914>、マクアケ<4479>などが下落。一方、組み込みエッジ・コンピューティングで米半導体大手のNVIDIAのパートナーネットワークに参画したと発表して関心が向かったKudan
<4425>を筆頭にアンジェス<4563>、ミンカブ<4436>、coly<4175>、そーせい<4565>、GNI<2160>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »