株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、日米株堅調で安心感、IPOのHCH初値65%高  3月16日16時21分

 本日のマザーズ市場では、朝方こそ売り買いが交錯したものの、前場中ごろを過ぎると堅調な展開となった。前日の米国市場では長期金利の伸び悩みからハイテク株比率の高いナスダック総合指数が反発。本日の日経平均も一時3万円台を回復するなど堅調で、新興株の買い安心感につながったようだ。ただ、売買代金は前日よりやや増えたとはいえ、依然として低調だった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1474.30億円。騰落数は、値上がり208銘柄、値下がり126銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>やBASE<4477>が堅調。売買代金上位では2月上場のQDレーザ<6613>やcoly<4175>に加え、ミンカブ<4436>やJTOWER<4485>が上昇した。株式分割実施を発表したコマースワン<4496>などは急伸し、業績上方修正のPアンチエイジ<4934>はストップ高を付けた。一方、時価総額上位のフリー<4478>は小安く、売買代金上位ではKudan<4425>などが下落。第1四半期が積極投資で赤字となったGA TECH<3491>は下落率トップだった。
 なお、本日マザーズに新規上場したHCH<7361>は公開価格を65%上回る初値を付けた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »