株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

神戸物産---1Qは増収・2ケタ増益、業務スーパー事業が牽引  3月18日11時51分

神戸物産<3038>は15日、2021年10月期第1四半期(20年11月-21年1月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.2%増の850.45億円、営業利益が同24.9%増の70.34億円、経常利益が同22.0%増の70.19億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同29.2%増の45.98億円となった。

業務スーパー事業の売上高は前年同期比16.6%増の837.09億円となった。ナショナルブランド商品だけではなく国内グループ工場製造や自社直輸入によるプライベートブランド商品をベストプライスで販売する「業務スーパー」の出店状況は、出店22店舗、退店1店舗、純増21店舗の結果、総店舗数は900店舗となった。新規出店の内訳は、直轄エリア17店舗、地方エリア5店舗となっている。出店は関東エリアや九州地方への出店を中心に新規出店を進めると同時に、営業年数が長くなり老朽化してきた店舗の移転などを積極的にフランチャイズオーナーに勧めている。プライベートブランド商品が多くのメディアで取り上げられ、業務スーパーの認知度の向上や新規顧客の獲得に繋がっている。また、コロナ禍における内食需要の高まりも集客に影響した。

なお、今期より従来「神戸クック事業」としていた報告セグメントの名称を「外食・中食事業」に変更するとともに、同社グループの事業展開、経営管理体制の実態などの観点から、事業セグメントの区分方法を見直し、「その他」に含まれていた焼肉事業を「外食・中食事業」に含めている。
外食・中食事業の売上高は前年同期比10.6%減の7.50億円となった。日本最大級の大型バイキングチェーンである「神戸クック・ワールドビュッフェ」の出店状況は、出店0店舗、退店1店舗、純減1店舗の結果、総店舗数が16店舗となった。厳選したお肉を提供する焼肉専門店である「プレミアムカルビ」の出店状況は、出店1店舗、退店0店舗、純増1店舗の結果、総店舗数は4店舗となった。また、安全・安心・価格などにこだわった中食業態である「馳走菜(ちそうな)」の出店状況は、出店4店舗、退店0店舗、純増4店舗の結果、総店舗数は全国で29店舗となった。「神戸クック・ワールドビュッフェ」では、一部店舗で新型コロナウイルス感染症拡大防止のため1月上旬より営業時間の短縮や臨時休業を実施したことにより、売上が前年実績を下回った。一方、「プレミアムカルビ」も営業時間の短縮を行ったが、店舗数の増加や焼肉人気により、回復基調となっている。また、「馳走菜(ちそうな)」は、業務スーパーの来店客数の増加や新型コロナウイルス感染症対策の実施が功を奏し、好調に推移した。

エコ再生エネルギー事業の売上高は前年同期比8.3%増の5.81億円となった。新規発電所の稼働はなく、稼働している発電所と発電量は、前連結会計年度末と同じく太陽光発電所が16か所で約22.0MW、木質バイオマス発電所が1か所で約6.2MWとなっている。

2021年10月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.0%増の3,410.00億円、営業利益が同4.0%増の248.00億円、経常利益が同4.9%増の248.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.3%増の160.00億円とする期初計画を据え置いている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »