株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新規上場のココナラは初値上回る2599円で引ける、一方のT.S.Iは初値形成後換金売り優勢◇  3月19日15時09分

 きょう東証マザーズ市場に新規上場したココナラ<4176.T>は、午後0時39分に公開価格1200円を1100円(91.7%)上回る2300円で初値をつけた。その後、2188円に下落したものの以降は堅調な動きに転じ、結局2599円で初日の取引を終えた。

 一方、同じくマザーズ市場に新規上場したT.S.I<7362.T>は、午後1時6分に公開価格2000円の2.0倍に当たる4000円で初値をつけ直後には4035円をつけたものの、その後は換金売りが優勢となる展開。結局3420円で初日の取引を終えた。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
T.S.Iの初値は4000円、公開価格の2倍
ココナラの初値は2300円、公開価格を92%上回る
T.S.Iは後場もカイ気配スタート、気配値上限は4600円


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »