株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり反発、米インフレ懸念拭えず、日本の期待材料は…  3月23日12時15分

 日経平均は3日ぶり反発。69.29円高の29243.44円(出来高概算6億4000万株)で前場の取引を終えている。

 週明け22日の米株式市場でNYダウは反発し、103ドル高となった。長期金利(10年物国債利回り)が1.69%(-0.03%)となり、上昇一服を好感した買いがハイテク株などに入った。キャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメント・マネジメントが強気な見方を示した電気自動車(EV)のテスラなどが買われ、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は1.2%の上昇。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は2.2%の上昇となった。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで207円高からスタートすると、朝方には一時29496.83円(322.68円高)まで上昇。ただ、先行きへの警戒感は根強く残り、買いが一巡すると上値の重い展開となった。

 個別では、米半導体株高の流れから東エレク<8035>が2%超の上昇。任天堂<7974>、エムスリー<2413>、レーザーテック<6920>といった値がさグロース(成長)株も堅調ぶりが目立つ。その他売買代金上位ではトヨタ自<7203>、ソニー<6758>、キーエンス<
6861>などがしっかり。また、株式分割の実施等を発表したコーア商事HD<9273>が東証1部上昇率トップで、ミクシィ<2121>との提携を発表したハブ<3030>はストップ高水準での買い気配が続いている。一方、ソフトバンクG<9984>やファーストリテ<9983>
が小安く、三菱UFJ<8306>などのメガバンク株は軟調。JAL<9201>やANA<9202>といった空運株は国内線予約の増加が伝わったが、材料出尽くしムードが強く下げが大きい。また、わかもと<4512>が急反落し、東証1部下落率上位に顔を出している。

 セクターでは、電気・ガス業、その他製品、ゴム製品などが上昇率上位。一方、空運業、海運業、銀行業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の43%、対して値下がり銘柄は53%となっている。

 前日のハイテク関連を中心とした米国株の上昇を受け、本日の東京市場でも買いが先行する展開となった。米長期金利の上昇が一服する局面では、アークのような長期的な視座に立った投資家や、追加経済対策に基づく給付金を受け取った米個人がハイテク株に押し目買いを入れる場面も出てくるだろう。また、郵船<9101>でPBR1.3倍台となるなど、景気敏感系バリュー(割安)セクターもまずまずバリュエーション改善が進んできた。このところ金利上昇局面ではいわゆる「ディープバリュー(超割安)」銘柄の上げが目立ってきたのも、割安感で買える銘柄が乏しくなってきたことを窺わせる。もっとも、ディープバリュー銘柄は割安な状況に置かれる相応の理由があり、積極的に買い上がってもよいか慎重に検討する必要があるだろう。

 一方、前引けにかけて値がさグロース株は上げ幅を縮めてきており、米長期金利の上昇に対する警戒感は根強い。バイデン米政権は最大3兆ドル(約330兆円)規模の経済対策を計画しており、週内にも提示される見通しと伝わっている。一段の景気押し上げが期待される一方、インフレ加速で米連邦準備理事会(FRB)が政策修正を迫られるとの見方が強まる可能性がある。実際、米国のブレークイーブン・インフレ率(期待インフレ率の指標)は22日、2.33%(+0.02)まで上昇しており、米長期金利の上昇に歯止めがかかるとは期待しにくい。

 また、以前当欄で述べたが、直近の経済協力開発機構(OECD)による経済見通し修正や金融政策の方向感の違いを考慮すれば、米国株対比で日本株の上昇の勢いが鈍ってきたのもやむを得ないだろう。ただ、日本でも衆院解散・総選挙の前倒し観測が浮上。東京都議選を7月に控え、新型コロナウイルスの感染状況さえ落ち着けば、連立を組む公明党などから「春解散」待望論が出てくる可能性は高い。高橋洋一内閣官房参与が一部メディアで10万円給付金の再実施を容認する発言をしたり、参院自民党が子育て世帯への現金給付を提言したりといった動きが出てきており、解散・総選挙に向けた経済対策も期待できそうな印象だ。今後の動向を注視しておきたい。
(小林大純)


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »