株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本情報Cは一時プラス圏浮上、東電グループ会社と不動産賃貸サービスで業務提携◇  3月23日12時45分

 日本情報クリエイト<4054.T>が朝安後に一時プラス圏に浮上する場面があった。同社はきょう、東京電力ホールディングス<9501.T>のグループ会社であるPinTと不動産賃貸サービスで業務提携したと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。

 PinTは、低圧電力サービス「PinTでんき」や都市ガスサービス「PinTガス」、インターネット接続サービス「TEPCOひかり」の企画・販売などを手掛けている企業。今回の業務提携に伴うサービス詳細や開始時期は現時点で未定としているが、両社の強みを融合することで、不動産賃貸業界の更なるデジタルトランスフォーメーション(DX)化を実現するとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
中発条は4日続伸、「水素タンク固定用ばね」などが新型「MIRAI」に採用◇
<個人投資家の予想> 03月23日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上げ幅縮小


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »