株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

バイタルKSは後場マイナス転換、未定としていた21年3月期業績予想は33億円の営業赤字  3月23日14時39分

 バイタルケーエスケー・ホールディングス<3151.T>が後場マイナスに転じている。午後2時ごろ、未定としていた21年3月期の連結業績予想について、売上高5378億円(前期比4.4%減)、営業損益33億円の赤字(前期35億5600万円の黒字)、最終利益5億円(前期比89.2%減)を見込むと発表しており、第3四半期累計(20年4~12月)の営業損益16億8200万円の赤字から赤字幅が拡大する見通しであることが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による患者の受診抑制や手術などの治療延期により、医薬品の需要が大きく減少したことに加えて、19年10月及び20年4月の2回の薬価改定による薬価引き下げの影響で、売上高が大幅な減少となったことが要因という。また、同業他社との価格競争の激化により、売上総利益が大幅に減少したことも響いたという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 03月23日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にルネサス
昭和化が強含む、5月にもシンガポールに子会社設立へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »