株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブライトパス---大幅反発、「信州大が白血病対象CAR-T療法の医師主導治験開始」報道を材料視  3月24日12時54分

大幅反発。一部メディアが「信州大学医学部附属病院小児科の中沢洋三教授らの研究グループは、急性骨髄性白血病や若年性骨髄単球性白血病を対象として、GM-CSF受容体を標的とする自家キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の医師主導治験を開始する」と報じ、買い材料視されている。同受容体を標的としたCAR-T療法の開発は世界初という。信州大とブライトパス・バイオは固形がんCAR-T細胞療法の共同研究開発契約を締結している。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »