株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

平山 Research Memo(4):製造現場コンサルティングとITソリューションを組み合わせたサービスの提供が強み  3月25日16時24分

■事業概要

2. SWOT分析
平山ホールディングス<7781>の経営を取り巻く外部環境と経営の現状について、SWOT分析を用いてまとめてみる。SWOT分析とは、企業の持つ強み「Strength」や弱み「Weakness」、外部環境における成長機会「Opportunity」や脅威「Threat」などを4つに区分してまとめ、組織のビジョンや事業戦略を立案する際に利用する、経営分析の一般的な手法である。

同社を取り巻く市場環境として、国内の人材サービス市場はコロナ禍の影響で一時的に需要が落ち込んだものの、中期的には労働人口の減少が続き、ワークスタイルの多様化や、女性・シニア層の労働参加、また、政府の外国人労働者受け入れ拡大政策などもあって、安定成長が期待できる点が挙げられる。一方、市場のリスク要因としては景気悪化に伴う求人件数の減少や、ロボットやITサービスの普及による人材需要の減少などが挙げられる。特にコロナ禍における新たな生活様式が求められるなか人との接触機会を減らす動きもあり、ロボットやITサービスで置き換えられる業務については減少していくことが予想される。

同社固有の強みとしては、主力事業である製造請負において、現場改善コンサルタントと連携することで生産性向上を実現していくことができる点にある。コンサルティングによる現場改善力は、日研トータルソーシング(株)や日総工産<6569>、UTグループ<2146>、アウトソーシング<2427>、ウイルテック<7087>、nmsホールディングス<2162>など製造請負・派遣事業を展開する同業他社に対する大きな差別化要因になると考えられる。実際、2020年7月~12月の製造請負・派遣事業を展開する同業他社とのセグメント利益率を比較すると、同社は8.2%と同業他社よりも高い水準にある。さらに、現場改善コンサルティング・教育サービスをパッケージ化し、日系企業の海外工場にも提供しているほか、ここ1~2年はIoTやSaaSなどのITも活用することで現場改善の効果をさらに高めており、今後もこうしたソリューションの提案力は同社の強みになるものと弊社では考えている。また、主力のインソーシング・派遣事業では景気変動の影響を受けにくい、医療機器や食品業界向けが売上高の約5割を占めており、ほかの派遣会社と比較して安定性が高いことも強みと言える。

そのほか、同社はプロフェッショナルな人材としての自立促進、顧客企業の生産性向上等、質の高いサービスを提供する独自の人材育成体制を構築しており、結果として高い定着率を実現していることも強みと言える。同社は、社内で育成した人材を社会へ還元する教育会社としての「人材輩出企業」を目指しており、契約社員・派遣社員として入社したスタッフにも、本当に自分がやりたいことを見出して自立できるよう、キャリア支援「ソロフライトプラン」※1とメンタル支援「ココロケアサポート」※2という2つの従業員支援プログラム(Employee Assistance Program)制度を整えている。

※1 契約社員・派遣社員として入社した社員を、最終的に自社または他社の正社員として輩出することを目的とした制度。個々にキャリアカウンセリングを行い、目標に沿った研修カリキュラムを設定し、働きながら正社員になるための教育が受けられる。
※2 従業員のキャリア支援にはメンタル面のサポートも必要と考え、より充実したメンタルヘルスケアを実現するために、国家資格を取得しているカウンセラー(社内または社外機関からの選択が可能)が、中立の立場で各事業所や希望の面談場所に出向き、カウンセリング(訪問型相談支援)を行う。


また、特定技能を持つ外国人労働者の受け入れ拡大についても、同社はミャンマーのマンダレー工科大学と2018年2月に提携して、ルートを確保している。同大学では日本語教育の提供と併せて卒業生の日本での受け入れを進めてきた。2020年4月からは3次元CADやAIなどの技術教育の提供も開始するなど教育事業を拡充し、優秀な学生の受け入れをさらに推進していく方針となっている。国内のエンジニア不足は続いているが、ミャンマーからの受け入れを増やすことで技術者派遣事業を拡大していくことが可能となる。

一方、同社の抱える課題としては、同業大手と比べて規模が小さく採用力が弱いことが挙げられる。人材サービスでは人材そのものが成長の源泉であるため、採用力が売上に直結することになる。同社では、事業拠点を5ヶ所程度増設することで採用力を強化していく方針となっている。

また、事業規模や利益水準が小さいため、売上の増減によって利益増減率が大きくなる点もリスク要因となる。特に技術者派遣事業についてはまだ先行投資段階であるとの認識であり、稼働人数に対する新規採用者数の比率が相対的に高く、その年の採用者数の増減によって利益が変動する傾向にある。採用者数が多くなれば採用費及び教育費が増加するため短期的には減益要因となる。同社では売上高で年間40億円程度の規模になれば、利益率も7~8%程度の水準で安定してくると見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »