株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 エアトリ、アドバンテスト、アクセルなど  3月27日07時15分

銘柄名<コード>26日終値⇒前日比
エアトリ<6191> 2349 +209
地合い改善するなかアフターコロナ物色強まり直近高値捉える。

ラクーンホールディングス<3031> 2267 +93
突っ込み警戒感から買い戻し。

アドバンテスト<6857> 9230 +410
特段の材料ないが米長期金利の小休止で安心感。

IDOM<7599> 728 +9
急伸で昨年来高値更新も上ヒゲ形成で売り圧力も。

アクセル<6730> 1003 +136
業績・配当予想の引き上げを発表している。

木村化工機<6378> 720 +80
アンモニア関連としてあらためて関心向かう。

エフテック<7212> 788 +85
業績上方修正で減益率縮小へ。

ネクシィーズグループ<4346> 1135 +115
LED照明を対象とした証券化商品で最高格付けランク取得。

ダイヤHD<6699> 3070 +321
新株予約権の行使許可取り消しを発表。

ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615> 918 +74
競争当局の企業結合規制に基づく許認可等の取得が完了と。

ファーマフーズ<2929> 3465 +225
インデックスファンドの買い需要先取りか。

ツムラ<4540> 4185 +320
SMBC日興証券では投資判断を格上げ。

ダブル・スコープ<6619> 779 +53
特に材料も観測されずショートカバーなど主導か。

レノバ<9519> 3450 +255
風力発電の環境アセス簡素化を検討などと伝わっている。

IHI<7013> 2273 +111
SMBC日興証券では目標株価を引き上げ。

いすゞ自動車<7202> 1202 +39
トヨタとの資本提携評価の動きが続く。

ツバキ・ナカシマ<6464> 1625 +60
特に新規材料観測されないが上値追いの動きが続く。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »