株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「国土強靱化」が22位にランク、今後5年で15兆円が投じられ息の長いテーマに<注目テーマ>  3月31日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 全固体電池
2 半導体
3 2021年のIPO
4 再生可能エネルギー
5 TOPIXコア30
6 新型コロナワクチン
7 水素
8 人工知能
9 サイバーセキュリティ
10 アンモニア

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「国土強靱化」が22位にランクインしている。

 政府の地震調査委員会は3月26日、全国各地で震度6弱以上の巨大地震に襲われる確率などを示した「全国地震動予測地図(2020年版)」を公表した。これによると、都道府県庁所在地で今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が28の都市で増えており、なかでも和歌山市やさいたま市、熊本市などで確率が上昇した。

 近年、気候変動の影響により気象災害が激甚化・頻発化し、南海トラフ地震などの大規模地震も切迫している。一方で、高度成長期以降に集中的に整備された社会インフラは老朽化しており、国土強靱化の加速が急務となっている。菅義偉首相は昨年12月、閣僚懇談会で「防災・減災、国土強靱化のための5カ年加速化対策」を取りまとめるよう指示。これを受けてまとめられた21年度からスタートする新たな5カ年計画では、激甚化する風水害や切迫する大規模地震などへの対策をはじめ予防保全型インフラメンテナンスへの転換に向けた老朽化対策などに15兆円規模を投じる方針で、引き続き国土強靱化関連銘柄からは目が離せない。

 この日の関連銘柄の動きには目立った動きは少ないものの、NIPPO<1881.T>、東亜道路工業<1882.T>、日本道路<1884.T>など道路舗装株に堅調な動きがみられ、太平洋セメント<5233.T>、横河ブリッジホールディングス<5911.T>などもしっかり。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー:先物は続落、長期金利0.090%に上昇
東京株式(前引け)=反落、米株安で目先利益確定売り誘発
◎31日前場の主要ヘッドライン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »