株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インタライフが底堅い、今2月期営業利益増額で見直しムード  3月31日10時59分

 インターライフホールディングス<1418.T>が底堅さを発揮。230円台近辺でのもみ合いが続いており上放れの機をうかがう。前日に上ヒゲで260円まで急動意する場面があったが、引けにかけて急速にしぼむ展開となっていた。同社は商業施設の内装工事などを主力展開している。前日取引終了後に21年2月期業績の修正を発表、売上高は従来予想から減額したものの、利益面では管理コストの見直しや工事の利益率改善などが反映され、営業利益は従来予想の1億円から1億8300万円に増額しており、下値ではこれを材料視する買いが入っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<03月30日の出来高増加率20銘柄>
<03月30日の5日・25日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>
ジェネパが反発、水産物の流通・販売手掛ける羽田市場と業務提携


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »