株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

システムソフト、第一生命HD、スター・マイカ・ホールディングスなど  4月01日15時43分

<6502> 東芝 3910 +170大幅反発。米紙では、米マイクロンやWDがキオクシアの買収の可能性を検討していると報じているもよう。キオクシアの企業価値に関しては、300億ドル規模と評価しているようだ。春の終わり頃には最終決定とされている。キオクシア売却による財務体質の改善によって、株主還元策などの充実につながるといった期待感が先行しているものと観測される。

<8035> 東エレク 48980 +2190大幅続伸。本日の東京市場では半導体製造装置銘柄の株価上昇が目立っている。前日の米国市場では、巨額のインフラ投資計画が半導体関連銘柄の追い風になるとの見方が強まり、SOX指数は2.6%の上昇。半導体製造装置最大手のアプライドマテリアルズは5.4%の大幅高となっている。さらに、引け後に決算を発表したマイクロンは強気の見通しを示して時間外取引で上昇、国内半導体関連銘柄にも買いが波及する展開へ。

<6954> ファナック 27515 +1330大幅反発。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価も20970円から32400円に引き上げた。今後、FA関連銘柄の中でも自動車産業設備投資の恩恵を享受しやすい銘柄が選好されると想定しており、売上高に占める自動車分野の比率がセクター内で相対的に高いとみられる点を評価のもよう。EV化が本格化する中でロボット需要が顕在化してきていることもポジティブ視。

<7527> システムソフト 178 +11大幅反発。入居申込クラウド「SKIPS」の利用斡旋会社数が3000社を突破したと発表、買い材料視された。「SKIPS」は空室確認から内見予約、鍵の手配、入居申込、保証会社等への審査依頼、契約までの賃貸管理 ・斡旋業務ができるクラウドサービスであり、1月に斡旋社数が1000社を超え、2月には2000社、3月には3000社を突破したことになる。着実な需要の取り込みを評価する流れになっているようだ。

<9843> ニトリHD 20525 -900大幅続落。前日に21年2月期決算を発表。営業利益は1377億円で前期比28.1%増となり、ほぼ先の観測報道数値での着地となった。一時的な販管費の増加により、12-2月期は前年同期比16.8%減となった。一方、22年2月期は1439億円で前期比4.5%増益を見込む。こちらもほぼ市場コンセンサス水準との見方。業績安心感の高い銘柄であり、サプライズの乏しい決算にひとまずは売りの反応が先行する形に。

<9107> 川崎船 2515 -20続落。前日に業績予想修正を発表。営業損益は据え置いたものの、経常利益は従来予想の500億円から750億円に上方修正、持分法適用会社ONEの運営するコンテナ船事業が大幅に上振れる見込み。同事業に対する期待は高まってきていたが、第3四半期決算時の大幅上方修正(0→500億円)に続く上振れで、ポジティブな反応が先行。ただ、直近高値を抜けず、上値の重さから次第に手仕舞い売りが増える形に。

<4829> 日本エンター 260 -13伸び悩んで大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は2億円で前年同期6.3%増益、上半期は同43.0%減と大幅減益であったが、一転して増益に転じる形になっている。中古端末買取販売などが急速に取扱件数を伸ばしているもよう。ただ、通期計画は27.2%増益であり、もともと下半期からの回復が期待されていたため、短期的な出尽くし感とも受け止められる形になっているようだ。

<2975> スター・マイカ・ホールディングス 1332 +118大幅反発。前日に第1四半期決算を発表、経常利益は9.7億円で前年同期比33.5%増益、上半期は減益計画であり、想定以上の順調スタートと捉えられているもよう。主力のリノベマンション事業が順調に推移しているほか、営業外ではデリバティブ評価損の一巡が寄与した。また、発行済み株式数の1.4%に当たる25万株、3億円を上限とする自己株式の取得実施も発表、取得期間は本日から1年間としている。

<8750> 第一生命HD 2083 +181大幅反発。前日に発表した大規模な自己株式の取得発表が好感されている。発行済み株式数の15.25%に当たる1億7000万株、2000億円を取得上限としており、取得期間は4月1日から22年3月31日まで。取得株式は原則として消却を予定としている。期待以上の株主還元と捉えられているもよう。また、中期計画では24年3月期グループ修正利益を2500-2800億円としている。



<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »